カテゴリ:術後のはなし の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2010年5月 術後の苦しみ

若葉ちゃんに点滴の針を、変なふうに刺されて痛かった右腕。

きっと、神経に触ってたんでしょうね。

もう腕を曲げたまま、伸ばすこともできず。
(伸ばすと激痛が走りました)

麻酔から覚めると、その腕の痛みと、傷の重い痛みを感じました。


左胸~左の背中まで大きく切って、

切るだけでなく、組織をあっちからこっちにもってきて~と
しているので、痛みはかなり強かったです。

痛み止めの点滴を入れてましたが、それでも痛かったですね。


1回目の手術のあとは、それほど傷も痛まず、楽ちんでマンガ読んでただけに、
そのギャップに驚きました。


でも、それも仕方ないですよねえ。


1回目は胸の下の方をちょこっと切り取っただけ。

今回は、胸の組織全部と、片側の広背筋を切り取っているんですから。

そりゃあ、1回目と比べたら、痛いに決まってます。


でも、わたしも考えは実に甘かった。


傷は痛かったけど、気の持ちようだわ、と思って、またマンガを読もうとしたんです。


『毎日かあさん』の最新刊がちょうど出たときだったので。


ところが、全然読めない。


本を開いても、目が紙面を拒否するんです。


なら、ポータブルDVDで映画でも、と思っても、ダメ。

画面を見ていられなくて。


人間、消耗してるときって、何かを読んだり見たり、
できなくなるもんなんですね(゚д゚)



ちなみに夫は、
手術室から出てきたわたしを見て(まだ麻酔で朦朧としてて目を閉じてます)、
あまりの顔面蒼白な様子に、

「うわ、ゾンビ!」

と思ったらしいです(´∀`)

とても血が通っている人間には見えなかったそうで、
ゾンビのごとく、カッと目を見開いて、襲いかかってくるに違いない、と思ったそうです


ゾンビ映画の見過ぎですヽ(´▽`)/



で、今回は、外科病棟でなはかったので、回復室というものが存在せず、
すぐに自分の病室に戻されたんですね。


また鼻に、酸素のチューブをあてがわれまして。


でも、うっとおしいから、取ってたんです。


だけど、あまりにしんどいから、やっぱり酸素もつけておいたほうがいいのかなーって、
再び、鼻に置いてみまして。


そうしたら、ちょうどそのタイミングで、つきそいの夫がご飯食べに行ってくるって、
部屋から出て行ったんですね。


ひとりでぐったりと病室です。


術前準備といい、点滴といい、術後の様子といい、
こんなはずじゃなかったのになぁ……とか思いながら、ぼーっとしてると、

急に、手足が痺れだして。

「あれ?」と思っているうちに、呼吸まで苦しくなって、

全身から、脂汗がぶわっと吹き出しました。

「これはヤバイ!」と思って、ナースコールです。


コールでやってきたのは、看護師の若葉ちゃんヽ(´▽`)/

「どうしました?」

「胸が苦しい…です……」


看護師若葉ちゃん、顔色を変えて、
「待っててください」とナースステーションに走っていきます。


待っているあいだも、カラダが震えて、耳鳴りがキーンとしてました。


なんだって、夫がいなくなった瞬間にこうなるのか。


すぐさま、ベテラン看護師さんが、やってきて、
すこし頭側を上げてたベッドをフラットにします。


酸素飽和度とか、心拍・血圧に異常はなかったらしく、


「大丈夫よ」とキビキビと言われてしまいます。


すると、呼ばれたのでしょう、執刀した主治医の先生もやってきて、
傷の様子やらをチェック。


やはり異常はないようです。


それでも苦しい理由は、過呼吸だったみたい?


酸素の摂り過ぎ?



やっぱり鼻の酸素チューブは外しておいたほうがよかったのかしら?


今となっては、原因はわかりませんが、
先生は、痛みが強くて呼吸が早くなったせいだと思ったみたい。


確かに痛みは強いですけどね。

でも、すでに痛み止めを入れているので、これ以上増やすこともできず、
結局ガマンするしかないみたい。


過呼吸の治療によくあるように、
何も出ていないカラのマスクで口と鼻を覆っての対処となりました。


でも、全然楽にならなかったですけどね。

夜になっても、ずっと胸の苦しさはとれなかったです。


これ、今にして思うと、麻酔の影響かな、とも。


麻酔してる時間が、1回目の倍以上だったのに加えて、
ホルモン剤を飲んでいたことで、普通より影響が大きく出てしまったみたい。

これは、のちのちもフラフラしてるわたしを見て、
主治医の先生がおっしゃってました。


ともかく、術後は辛かったですね。


とりあえず、一旦切りますが、
まだまだ続きます。術後の苦しみ編(´∀`)


にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。