スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2009年10月 告知の風景

病院から電話をもらって、急いで行くと、受付のところで、
看護師さんたちが、こちらを見て、何やらヒソヒソと話し始めます。


なんでしょう。


なんだか、憐れむような眼差しを感じます。


実際、私のことを話していたのかは知りませんが、
私の傍らには、2歳になったばかりの子がいたので、


「ガン」と「幼子」というセットで見ると、哀れを誘う組み合わせではあります。


実際、診察室に入ってからも子供は無邪気で、キャッキャとはしゃいでおりました。
机の上にある、ペコちゃんのキャンディーを手にして、ニコニコと笑っています。

子供


そんな中、悪い結果を話さなきゃいけない先生も、ちと気の毒です。


そこまで覚悟しておきながらも、どこかで、
検査の結果はグレーくらいかも知れない、とうっすら期待もしておりました。


期待というか、希望というか。


でも、先生、ズバリと言い切ります。


「悪い結果が出ました」


ガーン(゚д゚lll)


「あー、そうですか」

「エコーで見たときから、そんな感じがしてたんだけど」


Σ(゚Д゚)なんですと!?


確か、あのとき、先生は「大丈夫だよ~」と明るくおっしゃっていたはず。


なるほど。


道理で、「でも一応ね」と、針生検を勧めてきたわけです。


さすが、何百人と検査してきた先生です。
うまいこと検査に持っていくんだなぁ、と思いました。


エコーですでに察しはついていたものの、
検査の結果が出るまでのあいだ、余計な不安を煽らないように、
「大丈夫だと思うよ~」とおっしゃっていたのでしょう。


それがありがたくもあり、早く言って欲しかった気持ちもあり……。


まあ、決定ができないのだから、ああいうふうにしか言い様がなかったのかな、とも思います。


けれど、コレ、このパターンで、いざ告知の段階になって、
「大丈夫って言ったじゃないですか!!」ってかみつく患者さんも中にはいるはずです。


こうした病気に接するお医者さんって、大変ですね。


そのあとも、先生は言葉を選んで慎重に、ゆっくりとその後のことについて説明してくれました。


「これから治療ということになります」

↑まったくグレーとかの入る余地なしです。それくらいハッキリとがん細胞だったんでしょうねー


「まずは紹介状を用意しますので、どこがいいかおっしゃってください」

どこがいいかと聞かれても、私もよくわかりません。
乳腺外科に、先生の先輩がいるという病院をおススメされるままにチョイスします。


このとき、わたしのシコリは1センチ弱といったところでしょうか。

「はっきりと断言はできないけど、それくらい小さいんだったら、初期だと思うよ。
ちょちょいと切っちゃえば、それで済むんじゃないかなあ


ちょちょいと切ればそれで済む。


それは、とても魅力的な言葉に感じました。

なんだ、大したことないんだー。


でも、それはとんだ間違いであったと、4年経った今は強く強く思います。


ちょちょいと切ってからが、本番じゃないですかあ



それ以来、この先生にはお会いしてませんが、もし会うことがあれば、声を大にして言いたいセリフです。


そうして、「がんばってね」という言葉を最後に、診察室を出ます。


あーあ、やっぱりクロだったかー


隣では、子供がもらったキャンディーを手にうれしそうに笑っています。



車に乗り込んでから、夫に報告をしました。


「ウソっ」

そう、つぶやいて絶句しておりました。


デスヨネ。



これから、両親にも報告しなければなりません。


実はこれが一番、気が重い。


いろいろとめんどくさいなーと思いつつ、家へと車を走らせます。

にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト
20:

イラスト、とても可愛いですね!
幼いお子さんとご一緒の時の告知は、さぞやお辛かったと思います。

闘病ブログ、私もどなたかの参考になればとい思いと自分の記録も兼ねて始めたのを覚えています。
はりがねさんのブログは、とても読みやすくて素敵ですね^^

これからも一緒に頑張りましょう☆

2014.01.14 15:00 hikari。 #- URL[EDIT]
21:Re: タイトルなし

hikari。さん、ご訪問&コメントありがとうございますm(_ _)m

自分ではあまり意識してなかったけど、そのときは、
無邪気な子供の姿と現実とのギャップが、なんとなく哀れな感じだよなーって
人ごとのように思っておりました。

やはり、闘病ブログを始めるきっかけは、みなさん、そうですよね。
今日も誰かのお役にたっていれば……と思いつつ、
ブログを続けていきたいと思います(´∀`)

ちなみにホルモン治療は、副作用に対する薬を処方してもらっているおかげで
なんとか続けています。一応、5年間ですけど、
最近のデータでは10年間服用を続けたほうが効果が高いのだとか。

でもさすがに10年は……(´・ω・`)厳しいものがありますヨネ~

2014.01.14 18:14 はりがね #- URL[EDIT]
22:

こんにちは^^

本当、告知は切ない・・・
先生も大変なポジションですよね。
こっちも しこり以外何の自覚症状もないですもんねぇ。
治療が始まってからが病人ぽくなりますよね^^;

親への報告、私もしんどかったなぁ~。

イラストほんとかわいいです♪和みます~。

2014.01.14 19:33 べにこ #- URL[EDIT]
23:せつなぃ

告知時のこと思い出しましたT_T
私は未だ現実逃避してるみたいで、あの時のことをうまく文章にできないんです。
文才が無いせいもありますけど( ´ ▽ ` )ノ
子供が小さいとあわれみ100倍で、そんなことも強がってしまう原因かも☆
はりがねさんの現在の様子もとっても楽しみ♡
ブックマークさせていただいちゃいました。
私は回想録が宿題なのですー(自分のなかで)

2014.01.14 22:06 べじぃー #- URL[EDIT]
24:

こんばんは~♪

告知はやはり一番記憶に残ってます。
うちの先生は針生検の時から悪性を疑ってる感ぷんぷんで、告知は意外とあっさりでしたが・・・(^-^;

やはり「ちょちょいと切って・・・」からが本番なんですよね~(T_T)

入院した時に今年は初めて先生にお会いすることになったわけだったんですが
「本年もよろしくお願いします」と言った私に
「いや~長い付き合いになりますよ~」と言わはりました~

2014.01.14 22:27 Michelle #DaqWDIIE URL[EDIT]
25:Re: タイトルなし

べにこさん、こんばんは!
コメントありがとうございますm(_ _)m

そうなんですよね、告知されても、どこも痛くもかゆくもないし、って
ピンとこないところがありますよね。

親への報告は、親の気持ちを考えると、ちょっと気の毒で言いづらかったです(^_^;)
なので、特に母親には、大きな病院への診察に動向してもらって、
お医者様から説明してもらいました。

2014.01.15 19:27 はりがね #- URL[EDIT]
26:Re: せつなぃ

べじぃーさん、こんばんは!
コメントありがとうございますm(_ _)m

わたしも、最初があっけらかんとしてただけに、
病気の事実が腹に落ちてから、自分を取り戻すまでにかなり時間がかかりましたよ!

自分ではもうすっかり元通りのつもりでも、全然まだ大丈夫じゃなくて、
結構、混乱している時期がありました。

現在は、ホルモン治療の副作用と戦う日々です。
といっても、薬でなんとかコントロールできてるんですが(´∀`)

ブックマークありがとうございます!
わたしもすでにちゃっかりしてあったりヽ(´▽`)/

2014.01.15 19:32 はりがね #- URL[EDIT]
27:Re: タイトルなし

Michelleさん、こんばんは!
コメントありがとうございますm(_ _)m

ホント、先生によって対応って全然違うんでしょうねー
エコーのときは、悪性の疑いなんて微塵も見せなかったのに、
針生検の検査が出たとたん、「だと思ったんだよねー」とは!

またいずれ、書いていきますが、治療が長期に及ぶだけに、
途中で主治医が変わるのは痛かったです。

大きな病院だと、異動とかがあるみたいで、この4年間で3人の先生に変わりました。
ホント、疲れない程度にがんばっていきましょうね~

2014.01.15 19:37 はりがね #- URL[EDIT]
28:はじめましてー

はりがね様こんばんは。
コメントありがとうございました。
実は私も乳がん検診行ってグレーゾーンでして、今は半年に一度ペースで来て下さいと言われてます(´▽`A``
あの注射、、、ほんとシャレになりませんよねヽ(´Д`;)ノアゥア...

はりがね様は長期治療されてるんですね、ご立派!頭が下がります。
私も前向き(ボケ系?)でがんばります。

イラスト可愛いなー♪イラレ練習中なのでサラっと描けててうらやましぃー

またおじゃまさせて下さいねペコリ(o_ _)o))

2014.01.15 21:51 どんちゃん #.zfh79b6 URL[EDIT]
31:Re: はじめましてー

どんちゃん様、こんにちは!
ご訪問&コメント、うれしいです! ありがとうございますヽ(´▽`)/

治療が始まったときはどうなるかと思いましたが、なんだかんだで4年経ちました。

乳がん検診のグレーゾーンっていうのも、お辛いですよね。
どんちゃん様も、針生検されたんですか?
あの、バチンの感覚だけは、忘れられないですね~(´Д` )

はい、またのお越しをお待ちしております!
わたしもまた遊びに行かせてもらいますね~(´∀`)

2014.01.16 15:30 はりがね #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。