スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2010年5月 再発率100%じゃん!

ヘビーな術後生活を終え、13日間お世話になった病室ともグッバイ(´∀`)ノシ


家に帰ってからも、
ぐったりでしたが、やはりおうちはいいものです。
お世話してくれていたのは義母でしたが、
思いっきり甘えて、養生させてもらいました。


子供たちと一緒に過ごせるのも、回復にきいていそうです。


入院中は、子供たち、特にまだ2歳だった下の子がかわいそうでした。


だって、泣くんです。


満面の笑みで、面会に来てくれて、いっぱいいっぱい抱っこされて(傷が痛いけど)
帰るときになると、大泣きするんです(´;ω;`)

これには参りましたね。

体重が減らないのにも参りましたが、
子供に泣かれる辛さったら。

胸が張り裂けそうでした。・゚・(ノД`)・゚・。


下の子供は、帰ってくるなり、だっこお化けになりました。


ちょっと、このときの様子は、今思い返しても泣けてきますね。




と、それはさておいて。



今回の手術の病理結果です。


摘出した左胸の乳腺全部を、つぶさに検査したところ。


かなりの広範囲にガン細胞が散っていたそうです。


しかも、一部では、浸潤ガンにまで成長していたとか。


もし、あのまま再手術してなかったら。



再発率100%ってことじゃないですか(゚д゚)



いやいや、手術してヨカッタです。


恐ろしや(゚д゚)



先生は、

「もう全部取っちゃったから、
左側で再発の心配はないよ」


とおっしゃいました。


放射線治療の必要もありません。



たくさん痛い思いをして、その見返りがこれです。


やれやれ、ですね。


がんばったかいはありました(´∀`)


となると、ここから先は、
ホルモン療法の始まりです。


いや、書き忘れてましたが、
実は、もう始まってます。始めてました(´∀`)


次からは、このホルモン療法と副作用について、
書いていきたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト
180:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.02.13 08:12 # [EDIT]
181:Re: タイトルなし

tomotanさん、こんばんは~

子供に泣かれるのが一番ツライですよね~
今、6歳。
母ちゃん、まだまだ元気でいなきゃイカンです(`・ω・´)

それからLOST……

それは思いつかなかった~!
どういうエンディングなのか気になりますね。
最終話だけ借りてきてみようかな~
すごい衝撃のエンディングだ!ヽ〔゚Д゚〕丿

ありがとうございます。余計気になりました(笑

2014.02.13 17:57 はりがね #- URL[EDIT]
182:

病理結果が出るまでわかりませんよね~。
こわいこわいこわい。
でも、しっかり全摘されて本当良かったですね!!!
読んでいて安心しました~。
同時再建の大変さも伝わりました。
参考になりますm(_ _)m
さぁ、自分はどうなるかな・・・w

2014.02.13 17:58 べにこ #- URL[EDIT]
183:Re: タイトルなし

べにこさん、コメントありがとうございます!

>病理結果が出るまでわかりませんよね~。

本当にそう思います。
わたしは中身だけをくりぬいて全摘したので、
乳頭や皮膚の近くまでガン細胞が広がっていたら……と恐怖でした。
何事もなくてヨカッタです(´∀`)
べにこさん、応援してますヨ!

2014.02.13 20:44 はりがね #- URL[EDIT]
184:

こんにちは。

う~ん、考え方次第なんで一概には言えませんが
これって、見方によっては
「最初の手術は失敗」「症状の広がりの見立て違い」
つまりは「症状の過小評価」の結果、なのかも知れませんよね。

言い方を変えると、医者は
「患者の負担を出来るだけ軽くしようと」考え
患者は「出来るだけ小さく切って欲しい」と熱望する
つまり「往生際が悪い」…ごめんなさい
結果なのかも知れませんよね。

何故、こんな事を書くかと言いますと
軽度な治療をした結果、再手術…という患者さんが案外と多い
という結果を、それなりに多く見て来たからです。

僕は「喉頭がん」ですから、ケースは異なりますが
手術すると、当然ながら「声が出せなくなる」為
躊躇する患者さんも多く
また、医者の側も、出来れば切らずに…という思いがあります。

その結果、半年~1年後に手術…という方も多く
中には、温存したが故に、死に至るケースもあるように思います。


僕自身は、ステージⅣでしたから、有無を言わせず「全摘」
4ヶ月の入院に加え、半年後に転移(食事療法で完治)
さらに4年後に医療事故で食道に穴が開いて
1年間入院…等の間に、多くの再入院患者さんに出逢って
そうした事を実感しています。

また発声補助の会などで、多くの患者さんに接していますので、
会員同士、かなりリアルに「肌で感じる」話でもあります。
(大きな声では、いいにくい話ではありますが…ですね)

一概には言えませんが、誰だって手術はしたくないし
手術するとしても、出来るだけ少なく切り取って欲しいのが
人情というものですが
経験上で言うと、やっぱり「多めにズバッと取る」方が
かえって予後が良いように思います。

済んだことは仕方ありませんが、
「これから手術」という事で悩んでいる方がいらしたら
僕は「大きく切る方」をお勧めしたいと思います。

怖い話で失礼いたしました。

2014.02.14 12:24 癌ダム4G #- URL[EDIT]
185:Re: タイトルなし

癌ダム4Gさん、コメントありがとうございます!

そうですね、今となってはわたしもそう思います。
特に、再建することを考えると、
最初から全摘していれば、もっとキレイに再建できた部分もあるので、
余計そう思ってしまいますね。

ただ、判断は難しいですよね~
特にわたしの場合、ステージ1だったので、
「まさか」という思いもあります。

お医者さんも、本人も、みんなが
ちょこっと切ればいいだろうと判断しちゃったんですよね。

思い切って切ってみたら、それほど広がってなくて、
そんなに切る必要がなかった、となると、
それはそれで、また全摘を選んだこと悩みそうな気もします

難しい問題ですよね~

2014.02.14 20:00 はりがね #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。