スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2010年5月 忘れられない苦痛の夜

術後の夜。


それはもう、とてつもなく長い夜でした。


たぶん、生涯の「忘れられない夜」のひとつだと思います。


傷は痛いわ、点滴の針が痛いわで、マンガも映画も観れないときたら、
もうぼーっとしているしかありません。


朝一で手術室に入って、昼過ぎに出てきまして、
夕方、夫が子供たちの待つ家へ帰りました。


そこから、次の朝の検診までは、地獄でした。


消灯時間までは、それでもうとうとしてたような気もします。


で、消灯時に、眠れる薬を点滴に入れてもらって、
すーっと眠っていったんですが、
術後の夜って、看護師さんが定期的に血圧を計りにやってくるんですよね。


なので、この血圧チェックで起こされまして。


そこからは、一瞬たりとも眠ることができず、
ひたすら痛みと対峙するだけの時間でした。


まず、傷が痛すぎて、身動きが取れないのがツライ。


よく、刀傷は、熱い鉄板がそこにあるように痛む、と聞きますが
(どこでそんなこと聞いたんだろう??)

まさにその通り。

左側の背中から胸にかけて、熱くて重い鉄板が入っているかのように、
ずっしりと重く、痛いんです。


でも、人間、同じ姿勢を取り続けていると、関節や床に面している部分が傷んできますよね。


わたしも、腰が痛くて痛くて。


どうにか、体を動かして腰の痛みを逃したいんだけど、
ピクリとも体を動かすことができないんです。


こう、腕の力に頼ろうとすると、点滴の針がズッキーンと激しく痛むんですよね。


で、足に力を入れると、今度は、尿道カテーテルが、痛みまして。


わたし、この尿道カテーテルってのがとても苦手なようで、
1回目も違和感ありまくりだったんですね。


今回は、その違和感が痛みとして感じられて、これまた辛かった。


普通、カテーテル入れてれば、尿意って感じることなく排尿されるじゃないですか。


でも、ちょうど入口に違和感と痛みを常に感じていたからか、尿意もずっとありっぱなしで、
「おしっこしたいのに、できない!」感覚に、苛まれました。

うーんって力んでも、すっきりするわけでなく、ずーっと強い尿意があるんです。


点滴だけでなく、カテーテルももしかして、
新人ナースがセットしたんでしょうか?


もう拷問でした。



朝になれば、全部外してもらえますから、
ひたすら時間がすぎるのを待つんですけど、


全然時間が過ぎないんですよ。



時計を見ても、針が異様に遅いんです。


もう1時間くらい経ったかしらと思って時計を見ると、
2分くらいしか過ぎてなかったり。


(´;ω;`)


さすがに泣きました。


辛くて何度も何度もナースコール。


でも、ナースコールしても、何も楽にならないんですよね。


それでも、少しでも気を紛らわしたくて、コールしまくってました。


すごい迷惑な患者です(ノ∀`)


しまいに看護師さんも、迷惑そうな顔してましたね~(苦笑


で、夜が明けてからも、1回目の外科病棟では朝6時に、
すべての拘束から解放してくれたのに、

混合病棟では、
日勤の人と交代してからでないと取れない、と言われまして。



ということは、どんなに早く見積もっても9時過ぎです。


悶絶の3時間でしたヽ(´▽`)/


いやあ、初めてのお産の夜も、相当辛かったけど、
この術後の苦しみに比べたら、陣痛は無痛時間があるだけ、まだ楽だったように思います。


本当、苦い思い出です。


にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト
152:

はりがねさんこんばんは~
懲りずに細目で読んでます(笑
っていうか、ほんと、そうそう( ゜ー゜)( 。_。)ウンウンと
うなずきながら読んでます。

術後の夜の時間の長さ、体制変えれない体の痛み、、
どうやっても動かせないんですよね( ̄Д ̄;;

私も腰痛きつすぎて痛みでリバース、、前日絶食してるから
胃液だけですが(  )ノ_...オエェ...
ほんとはりがねさんとはゾンビ仲間ですわ(*ToT)人(T-T*)

尿道カテーテル、、、私も苦手で、出なくてというか、
なんか尿意我慢して苦しかった。
朝の9時があれほど待ち通しかった事は無かったですね(T-T) ウルウル

2014.02.07 18:51 どんちゃん #- URL[EDIT]
153:

手術した部位は違いますが
麻酔が冷めた後の「絶対安静」って辛いですよね。

前回の入院では、食道の穴がふさがらなくって
7回手術してすべて失敗
8回目の大袈裟な手術でやっと塞がった訳ですから
手術も、カテーテルもドレーンも慣れたモノ

目が冴えちゃって、眠れませんから
その対策にラジオを買ってきてもらい
点滴のついてない方の手でラジオを操作して
一晩中FMを聞いて過ごしました。

気分がなごんで、多少はウトウト出来るし
これ、案外と「お勧め」ですが…
手術なんか、二度としない方がいいですよね(笑)

2014.02.08 04:46 癌ダム4G #- URL[EDIT]
155:

全く同じです!!熱く重い鉄板。そうそう!何が入ってるのかと思ったくらい。でも私の場合モルヒネを使っていて、痛くなったら自分で押すと一定量点滴で入るんですけど、押しすぎですっごく気持ち悪くなりました!!お産もかなり大変だったのですが、この痛みの方が勝ちでしたー。

2014.02.08 15:39 tomotan #- URL[EDIT]
156:

ううう・・・
まさに拷問でしたね。読んでいてツライ(>_<)
私も点滴が神経に触れていたせいか、ずっと痛みがありましたね。
尿カテは免除してもらえましたが、別の意味でトイレに車椅子で連れて行ってもらうのが申し訳なくて我慢してました。
結構な量の睡眠薬飲んだのに、夜中に抗生剤の追加とかでばっちり起こされ、それの睡眠薬がその後の頑固な便秘の原因になったり。

活字が頭に入らないっていうのよくわかりますよー
私は入院中ずっと夜に眠れなかったのでヒーリング音楽を音量小さめで聞いてました。

痛みと汗と寒気でガタガタ震えながらの長い夜、私もきっと忘れられないと思います。

2014.02.08 16:50 Michelle #DaqWDIIE URL[EDIT]
157:Re: タイトルなし

どんちゃんさん、コメントありがとうございます!

どんちゃんさんも同じ体験をなさっているんですね!
本当、辛かったデスヨネ~

何度もコールして、しまいに看護師さんに
「辛いのは今だけだから」
と言われました。

わかってるけど、それが耐えがたいんですよねー
あれほど、長い夜は、人生初だったかも知れません。

せめて付き添いがいれば、しゃべるとかして気が紛れたんでしょうけどね。

尿道カテーテルも、馴染めないですよね。

>なんか尿意我慢して苦しかった。

ホント、こういう感じでした。なんなんでしょうね、あの感覚……(゚д゚)

2014.02.08 17:30 はりがね #- URL[EDIT]
158:Re: タイトルなし

癌ダム4Gさん、こんばんは!
コメントありがとうございます

もし次があったら……もっといろいろ対策を考えていきます(笑

でも、思うのです。
もし、もう反対側も同じようにガンになってしまったらって。
そうしたら、同じ手術に果たして耐えられるかしらって。

多分、そうなったら、同じ手術は選択しないでしょうね~

もうあの夜は、カンベンしたいです。

でも、癌ダム4Gさん、何度もそれに耐えてきたんですよね。
仕方なかったとはいえ、ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイです!

2014.02.08 17:34 はりがね #- URL[EDIT]
160:Re: タイトルなし

tomotanさん、コメントありがとうございます(´∀`)

あの傷の痛みは、本当に「熱くて重い」痛みでしたよね。
ピクリとも動かすことができなかったのには参りました。

痛み止めも1回しか、点滴してくれなくて、
それがあまり効いてなかったんですかねえ。

お産も、「熱くて重い鉄球」が子宮からメリメリと降りてきて、
相当に痛かったですが、やはり手術の痛みの方が勝ちますね。

2014.02.08 17:41 はりがね #- URL[EDIT]
161:Re: タイトルなし

Michelleさん、コメントありがとうございます!

ううう、やはり同じでしたか。
あの点滴の痛みってどうにかならないんですかね~

看護師さんが、「手術の点滴の針は太いから痛むのよ」って言われましたケド。
なんでも、万が一のときのために、一番太い針でルートを確保するんだそうです。
太い針の方が、たくさんの薬液を体に入れられるからなのかな?

睡眠薬で、便秘になるんですね!
それもまたツライですね!

Michelleさんは、寒気があったってことは、術後、熱が出たのかな?
麻酔の影響かも知れないですね。
わたしは、術後、麻酔の影響がなかなか抜けなくて困りました。

2014.02.08 17:45 はりがね #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。