スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2010年5月 研修医がやってきた(゚д゚)

さて、5月の入院で何を後悔したか、についての話です。


5月。


若葉も初々しい時期でしょうか。


若葉です。



2度目の入院は、センチネルもありませんし、
入院初日は、わりとゆっくりとしたものでした。

が、そこにやってくる恐怖の影!

「コンコン、失礼しまーす」


荷解きをしていたら、かわいらしい女の子が病室へやってきました。


ホントに、かわいらし~い感じの女の子です。


あら、こんなおばちゃんのところに何か用かしら?


と、思ってきょとんとしておりますと、


「明日の麻酔を担当させていただく、若葉です♪」


──は?


このかわいい娘さんが?


ははぁ、よく見れば、白衣着てますね。


緊張気味で、一生懸命なのが見て取れます。


今回は、ずいぶんとかわいらしい人が、麻酔医として付くんだなあ、なんて、
このときは、まだノンキに考えておりました。


ところが。


「挿管のチェックをしますので、口を大きく開けてくださ~い」


あーん。


けど、わたし、ちょっと顎関節症のケもあって、それほど大きくは開かないんですね。


すると若葉ちゃん、わたしの口に定規を当てて、

「もっと大きく開きませんか?」


「うーん、ムリかな。ちょっと顎関節症気味だし」


「Σ(゚Д゚)」

若葉ちゃん、ちょっとびっくり顔です。


「そ、そうですか。もしかすると挿管できないかもしれない……もっと大きく開きませんか?」


「いや、ムリですて」


「えー……んーじゃあ、ちょっと確認してきます!」


「いや、あの、前回の手術のときは問題なかったですよ?」


「えっ、あ、そうなんですか? でも一応、確認してきます!」


若葉ちゃん、バタバタと退場です。


残されたわたしはポカンでしたが、でも、こんなのはまだ序の口でした。


若葉ちゃんが若葉ちゃんたる本領を発揮するのは、手術室に入ってから。



と、その前に、ちょっと術前の準備の話を少し。


手術前夜、消灯時間も間近になってから、
主治医の先生がいらっしゃいました。

翌日に控えている、再建手術の準備のためです。

別室に案内されて、胸から背中にかけて、
マジックでキュキュキューっとマーキングされました。


本当に、ただのマジックで書くんですね。


書いてるあいだも、特に話すこともないしで、
10分くらいでしょうか、奇妙な沈黙の時間でした(苦笑


で、病室に帰ってから、ちょっとホラー映画を見て、おやすみなさい、です。


今回は、1回目と違ってなんか熟睡できなかったです。


キレイな病棟という思惑が外れて、動揺していたのでしょうか。



そうして、朝。


お迎えの看護師さんとともに、ノーパンで手術室まで歩いていきます。


手術室の看護師さんは、1回目とは違うメンツでした。


だからなのでしょう、
前回のような『タッチ』のサービスはありませんでした。



そもそも「お気に入りのCDがどうの」なんて話もなかったですしね。


1回目のような暖かい雰囲気ではなく、なにやら手術室が殺伐としております。

こういうのも、そのときのメンツ次第なんでしょうねー。

なんかね、いろいろな部分で思いやりを感じられなくて、イヤな雰囲気でしたね。


それもこれも、若葉の季節が関係していたのかも知れません。


みなさん、新人さんのフォローとかで余裕がないとか。そんな感じでしょうか。



手術室では、麻酔科の若葉ちゃんが、わたしの到着を待ち受けておりました。


若葉ちゃんの、まずやるべき大仕事、

それは点滴のルート確保です。



これがねー、

これが、ひどかった!!!!んですよ




全然、上手に刺せないの。
あっちに刺しては「あれ?」、こっちに刺しては「あれ?」

痛いの痛くないのって。



若葉ちゃんの針刺しが痛くて、そっちをずっと見てたら、
オペ室の看護師さんが、

「気になる?」

って冷たく言い放つんですよ。
まるで、「そんなガン見してやんなよ」と言わんばかりの口調で。


痛いんだから、気になるに決まってるじゃないですか。


もう、イヤーな雰囲気でしたね。

「痛くないようにガス使おうか」

とか言われて、

どうこう言う前に、マスクをあてがわれて、はい、沈没です。


1回目のときのように、
主治医の先生に、あいさつすることもなく、
点滴から麻酔薬が入っていく感覚を味わうこともなく、ガスにより撃沈です。


点滴がうまくさせないから、ガスで麻酔って。


1回目は、和やかに『タッチ』で、フェードアウトだったのに。


2回目は、殺伐とイラついた雰囲気で、ガス嗅がされて、フェードアウト。


しかも。


目が覚めたら、針刺してあるところが、めっちゃくちゃ痛くて痛くて。
痛みのあまり、腕を伸ばすことができない。
しかも、腕には失敗した跡がいっぱいです。



わたくし、泣きました。


ただでさえ、術後の痛みが激しいというのに。
加えて、点滴が痛いとは、これ如何に。


苦痛の夜の始まりです(゚д゚)

にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト
132:人災ですよ、これは!

研修医って怖いですよね~
それも、やる気満々とか悪気がないのが特に怖いです!
私の挿管は「研修させてください」ってことで、救命救急士さんだったけど、その時の指導麻酔科医が「研修医より上手」って変な押し方しました(笑
術後の痛みだけで十分なのにね。そんな先生も今頃は「スイスイ、チョチョイ」ってやっているのかな?それとも、相変わらず被害者を出しているのかな?
一回目の手術チームが特別だったのですね。でも、初めに良い体験をしちゃうと余計に雰囲気を感じますね。

2014.02.04 22:08 FC2tomorinn #beTn5LnY URL[EDIT]
133:

はりがねさんこんばんは~

研修医・・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
聞いてるだけでもキツそうです( TДT)
看護師さんでもほんとにピンきりですもんね、、それが手術となると、、
下手っぴに当たるとマジきついですよね。
手術前からそのの空気感、以前がタッチだっただけにその落差だけで不安倍増になりそう、、、
よくぞ乗り切りましたv(・_・)ヾ('-'*) エライエライ

2014.02.05 17:26 どんちゃん #- URL[EDIT]
134:

はりがねさん☆こんはんは。

2度目の手術では、大変でしたね。
手術前に痛みとは>_<
これから、こっちは大切な胸の手術だというのに。

でも私も手術の時に、歯科医の研修医に麻酔を任せるって
言われ戸惑いました。歯科医が麻酔の研修?って思いましたが
結局は、同意して手術したのですが、手術室入って
研修医が見えた瞬間、ビクビクしたのを覚えてます。

しかし、無事に手術が成功したから良かったです。

2014.02.05 19:43 みゆ #- URL[EDIT]
135:

こんばんは。

大きな病院ってそういうことあるんですね・・・
私が入院したところは乳腺専門の小さな病院でしたので。
最初の入院手術の経験をデフォルトに考えちゃいますよね?
タッチが懐かしい・・・
それにしても、若葉ちゃん(ネーミングナイス!)やってくれますね~( ̄◇ ̄;)
ガスで眠らせて、針で刺し放題なんて、患者をなんだと思ってるんだ!って憤りを感じます。
ほんとにお疲れ様でしたね。

追伸:私の方もブログの設定がわかってきたのでリンク貼らせていただきました!これからもよろしくお願いいたします。

2014.02.05 20:14 Michelle #DaqWDIIE URL[EDIT]
136:

はりがねさんこんばんは~!

若葉ちゃん・・・
今は立派になってるといいですねぇ!
私も先日の乳腺エコーは新人の方でしたー。不安気にゆっくりゆっくりゆっくりエコーされたので、こっちも不安になっちゃいました^^;

そっかー、手術のチームの雰囲気があるんですね~。
タッチチームはかなりナイスチームだったんでしょうね。
2回目の手術色々大変だったんですね;;今更ですがおつかれさまでしたm(_ _)m

2014.02.05 20:32 べにこ #- URL[EDIT]
137:Re: 人災ですよ、これは!

ともりんさん、こんばんは
コメントありがとうございます!

わたしも1回目の手術のとき、
救命救急士さんが、挿管の研修させてくださいってきましたよ
そのときの麻酔医は、ベテランって感じだったので、
安心してすべてをお任せすることができたんですけどね。

若葉ちゃんは、どうしてるんでしょうねえ。
今は上達していることを祈ります(笑

>一回目の手術チームが特別

そうだったみたいです。
もう手術とはもれなくこういう雰囲気と思ってただけに、ショックでした(´・ω・`)

2014.02.05 21:58 はりがね #- URL[EDIT]
138:Re: タイトルなし

どんちゃんさん、こんばんは~
コメントありがとうございます

5月は研修医が本当に研修スタートした時期でしたので、
失敗しましたね~

まさか若葉マークがいっぱいいるなんて、
思いもしませんでした(苦笑

もし、次があるなら、絶対ベテラン麻酔医にお願いしようと
固く心に決めてます!

そう、『タッチ』からの落差が大きくて、すごく不安でしたね。
あんなにピリピリしてたら、患者さんも不安になりますってくらいの雰囲気でした(´Д` )

>よくぞ乗り切りましたv(・_・)ヾ('-'*) エライエライ

わーい、ありがとうございますヽ(´▽`)/

2014.02.05 22:01 はりがね #- URL[EDIT]
139:Re: タイトルなし

みゆさん、こんばんは!
コメントありがとうございます~

>手術前に痛み

ホント、そうですよね。そのあとこそが大変だというのに、
前段階で、痛みと不安を与えないでほしかったです(苦笑

歯科医の研修医ですか(゚д゚)
それまた、不安になりますね。
研修医が活きのいい患者で研修するのは仕方ないけど、
ターゲットにされたほうは、正直たまらないですよね。

これ、大学病院だと学生さんも見学とかに来るんですよね~
病院を選ぶときに、選択肢に大学病院もあったんですが、
上記の理由で、やめにしました。
これもまたストレスがかかりそうですよね。

2014.02.05 22:04 はりがね #- URL[EDIT]
140:Re: タイトルなし

Michelleさん、こんばんは~
コメントありがとうございます

若葉ちゃん、やってくれましたね~
他にも、術前に動脈血の採血にやってきた男の先生も
やたら若くてぴちぴちしてたので、
もしかしたら、研修医か、研修医の過程を終えたばかりの
新人先生だったのかもしれません。

>ガスで眠らせて、針で刺し放題

ホント、こうやって改めて見ると、すごいことされてますよね。
ガスで眠ってたあいだ、看護師さんとかにビシバシ指導されながら
針刺してたのかなぁ(´・ω・`)

リンク、ありがとうごさいます!
こちらこそ、よろしくお願いしますね~(´∀`)

2014.02.05 22:08 はりがね #- URL[EDIT]
141:Re: タイトルなし

べにこさん、こんばんは~
コメントありがとうございます!

若葉ちゃん、今頃はどうしているんでしょうか?
もしかしたら、新しい若葉ちゃんにビシバシ指導してたりして(笑

タッチチームは、とてもよかったですね。
みんな親切で、あたたかーい雰囲気だったんです。
それを期待して、2回目の手術に臨んだら……(´・ω・`)な展開。
もう過ぎたことですけど、それでも思い返すたび、、
大変だったなぁとしみじみ思います。

それくらい若葉ちゃんのしでかしてくれたことは、インパクト大でした(笑

2014.02.05 22:10 はりがね #- URL[EDIT]
154:

点滴のルート確保って「手の甲」に太い針…でしょ
あれって、めちゃめちゃに痛いんで
事前に麻酔のパッチを貼ってから刺してもらうんですが

最後の手術の時は、僕も「若葉君」で
そいつがはずしまくったので、先輩のベテランさんが
じゃぁ僕がやります…といって
今度は、麻酔をしていない逆の手に…

さすがに一発で決めてくれましたが
その痛かったこと(苦笑)

とはいえ、先日、検診のついでに久しぶりに病棟に上がってみたら、その若葉君や若葉ちゃん達も、一人前の顔して頑張ってましたから、
ホント、医療の現場って「場数」なんでしょうね。

2014.02.08 05:12 癌ダム4G #- URL[EDIT]
159:Re: タイトルなし

癌ダム4Gさん、コメントありがとうございます(´∀`)

それが、ただの腕だったんですよ……
採血するのに選ばれる肘の内側みたいなところです。

そこで、激痛の刺し方をされてしまったようで……

手の甲の太い針、字で見ただけで、ゾーっとします((((;゚Д゚))))
そ、そうとうに痛いのでしょうね。
それを若葉マークにされた日には……

でも、わたしを泣かせてくれた若葉ちゃんも、
今やりっぱな先生やってるんでしょうね(´∀`)

2014.02.08 17:38 はりがね #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。