スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2009年11月 入院着は何を着る?

2009年11月、いよいよ入院~手術です。


他の方のブログを拝見しますと、みなさん、入院中の準備編として、
持っていったもの、あったほうがヨカッタものなのを列挙されています。

当時、わたしも入院前には、そのような記事を読み漁り、
「なるほど、なるほど」「ふむふむ」なんてやってた記憶はあるのですが──

実際に入院したときの記憶となると、何を持っていったのか、覚えてないんですよねえ(^_^;)

タブン、あれこれ読んで頭でっかちになったわりには、
大した用意もせずに入院したんだと思います。


ただ、着る物には、ちとこだわりました。


普通、入院着といえば、病院で貸出している寝巻きか、持参したパジャマです。


このパジャマが、わたし的に、あまり好ましくなくて。

いかにも、入院患者といった格好をしたくなかったんですね。

病気で入院するんだけど、少しでも普通の格好で、
一見、見舞い客に見えるくらいの格好でいよう、そんなことを思っておりまして。

タブン、そうすることで、少しでも病気から遠ざかろうとしてたんでしょうね。


──なんて、こだわったことを考えておきながら、選んだのは、ジャージ

ジャージ

しまむらで2980円でお買い上げの一品です(´∀`)


病室に案内されたあと、すぐにこのジャージに着替えて、
術前術後は、見舞い客のような顔をして、肩で風切って歩いていました。
(傷が痛いのをガマンしながらね(^_-)-☆)


実際、手術した次の朝、回診にきた先生は、
ジャージ姿で普通に座ってマンガ読んでたわたしを見て、


「うおっ(゚д゚)、フツーの人じゃん!」

びっくり


と驚きの声を上げておりましたヽ(´▽`)/


そんな感じで、こだわった入院着でしたが、
11月半ばにジャージ1枚は、夜になるとちと寒かったです。


あと、スウェットではなく、ジャージにしたもう一つの理由は、
術後のことを考えて、でした。


胸の手術ですから、
「前開きの下着、前開きのパジャマがよい」
という記述をみなさまのブログ等で見ていたので。


実際、術後は、センチネルと手術の影響で、腕が上がらず、
それなりに痛みもありましたので、前開きのジャージは、重宝しました。


ちなみにこのジャージ、4年経った今でも、春秋シーズンの部屋着として活躍しております(´∀`)


入院着にジャージ、オススメですよ(・ω・)bグッ

にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト
56:おっしゃれ~

そうか、ジャージという手もありましたね
私は外科の入院の時も、婦人科の時も病院の「いかにも病人」というパジャマでした
自分の持っていくと「洗濯は自分で」になりますよね
体調が良いか不明だったので、あと、外科の最初の時は外来の看護師さんが「大体半々ですよ」っていったので「半分ならいいや」と病院のに
でも、翌年の婦人科の時は皆さん可愛らしい花柄のパジャマとかだったので、ちと浮いていたカナ~
まさか元気に自分で洗濯できるなんて思わなかったからなのですが
ジャージだと見舞客って雰囲気ですし、何より動きやすいから正解でしたね

前開きのパジャマ、退院してから使おうと思って買ったけど、腕がしっかり上がったので「買わなくて良かったもの」の中に入っちゃいました
前開きって油断するとはだけちゃうから(恥)今も残ってるけど(8年物)あまり着ていないです

2014.01.21 18:24 ともりん #beTn5LnY URL[EDIT]
57:Re: おっしゃれ~

ともりんさん、こんばんは!
コメント、ありがとうございますm(_ _)m

そうそう、そうなんです。

普段、寝るときも、いわゆるパジャマは着ないので、
前あきパジャマはきっと、「買わなくてもヨカッタもの」に入るに違いない、
そういう思いもあって、ジャージにしたんです(´∀`)

病院で貸出してるパジャマって、ペラペラだったんで、
もしあれを借りてたら、寒かっただろうなーと思います。

でも、貸出パジャマを来てる患者さん、多かったですよ~
今でも、外来に行くと、よく見かけます。

2014.01.21 19:35 はりがね #- URL[EDIT]
58:

はりがねさんこんばんは~
やばい、私はりがねさんとかなり思考回路似てるかも(笑
私もなんか普段と違って特別な感じさせたくなくって
私の場合はいつも着てるパジャマとパーカー持っていきました。
まるで部屋でくつろいでみてる感じにしたくて(;´▽`A``

でも術後腰痛の痛みでかなりの汗をかいてしまって
結局、病院のパジャマレンタルしたんですけどね(T-T*)フフフ…

ちなみに動悸は治まってる感じかな~私の場合2パターンの不整脈で一つは根絶で、もう一つは様子見なんでそいつが暴れなければOKって感じです
(〃 ̄ω ̄〃ゞ

2014.01.21 20:50 どんちゃん #- URL[EDIT]
59:

こんばんは〜

入院中のパジャマって悩むよね(私もパジャマは着ない派)
でも入院中ぐらいテンション上げる為にオサレ−なの
購入しようか、いや、1週間の為にそれはもったいない
と心が揺れ動いていました。
ちょうど10月だったからもこもこパジャマが出だしてて
夏物は980円になってるのを発見しこれでいいや〜と。

ジャージはいいよね!
入院中も何人かいて「楽よ〜」って言ってはりました。
あとも使えるし。
案の定、パジャマは家では着てないけど安かったから
まあいいか!

2014.01.22 00:39 yuma #- URL[EDIT]
60:Re: タイトルなし

どんちゃんサン、こんにちは~!
コメントありがとうございます(´∀`)

>思考回路

わたしもどんちゃんサンのブログ見てて、そう感じることありますよ~
宇宙戦艦ヤマトネタが来た時は、「やったあ!」でしたし、
他の記事でも、結構クスッとさせてもらっておりますヽ(´▽`)/
(少しずつ、前の記事も読ませてもらってます(*^^)v)

わたし、2回目の入院のときも、ラフなパンツとTシャツで過ごしてました。
殺風景な病室なだけに、なるべく自分の空間を作り出して、リラックスしたいですよね~

2014.01.22 15:17 はりがね #- URL[EDIT]
61:Re: タイトルなし

yumaさん、こんにちは~
コメントありがとうございますm(_ _)m

980円は安い!
いい買い物しましたね~(*´ω`*)
でも、10月に夏物で薄ら寒くなかったですか?

パジャマはねえ、一人目の出産のときに、
マタニティの本見て、バカ正直に産後パジャマを買って、
帰宅してからタンスの肥やしになったという経験がありまして。

それに懲りて、今回は避けたんですよね~。
でも980円なら、それほど痛くない??
シーズン過ぎて、激安になった衣類見つけると、テンション上がりますよね~(*´ω`*)

2014.01.22 15:26 はりがね #- URL[EDIT]
95:

こんばんは。
コメントありがとうございました。

2ページ目くらいまでざっと読ませていただきました。
大変なのに、前向きに頑張ってらっしゃいますね。

ご自の記録と言うだけではなく
後から来る患者さんのためにもなる、立派なブログだと思います
頑張ってくださいね。

ぼくは「喉頭がん」のステージ4(末期)でしたから
全摘手術に放射線、抗がん剤のフルセットで4ヶ月ほど入院

その後、発声法を変更するための手術を行ったのですが
この手術に失敗、患部に放射線を当てているため
周辺の細胞が不活性となり、食道にあけた穴がくっつかず
病気でもないのに、鼻から胃にチューブを通しての流動食で
1年間の入院生活となりました。

手術したのは2007年の12月ですから
少しだけ先輩ということになるのでしょうか?

さて、この記事にコメントしたのは
僕も同じ様なテーマで、記事を書いていたからです。
<パジャマはお邪魔運動>
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-114.html
※シマムラの前開きジャージー…ぼくも持ってますよ(笑)

これをご縁に、またよろしくお付き合いください。

2014.01.27 21:10 癌ダム4G #- URL[EDIT]
100:Re: タイトルなし

癌ダム4Gさま、こんにちは!
丁寧なコメントありがとうございます!

とても大変な闘病生活を送っていらっしゃったのですね
この短いコメントからでも、その大変さが伝わってきます。

わたしもガンとわかったときは、乳がんだけでなく、
他の部位のガンと戦っていらっしゃる方々のブログを見てきましたが、
みなさん、とても前向きで明るく、ブログが綴られていたのが印象的でした。

癌ダム4Gさんのお肉の記事や、お料理の記事もスバラシイ!
パジャマの記事も拝見しました。
本当におっしゃる通りだと思います(´∀`)
それに一緒にご紹介されていたお料理がこれまた……(ジュルリ

こちらこそ、改めてよろしくお願いします!

2014.01.28 13:12 はりがね #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。