2014年02月10日 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2010年5月 減らなかったよ、体重は…(´・ω・`)

さてさて、術後、胃腸風邪になり、2日ほど、
水分以外は口にせず、過ごしておりました。


術前、夜9時より、絶食。
手術の日、丸一日、絶食。
その後、胃腸風邪で、2日ほど、微食。

と、来ればですよ。
女の子だもの、何かを期待しますよねえ(*´ω`*)


ちょうど、そうしてあまり食べずに過ごした次の日、

ピンポンパンポーン♪
「今から、体重測定をしていただきます。
ナースステーションまでお越しください」


という放送が入ったんですね。


「これは!」

と思いましたね。


ここ近年で一番スリムな体重が見られるかもしれない、と。


まだまだ体はギシギシで、うつぶせからの起き上がりしかできない状態でしたが、
心なし、軽い足取りで、ナースステーションへと向かいました(´∀`)


ナースステーションの前に、
ごくごく普通の、
家庭用の体重計が置いてあります。


「そこで体重計って、知らせてください」


ナースステーションの受付から、看護師さんの声がかかります。


ちと興奮気味に、体重計に乗るワ タ シ(*´∀`*)


カショーーン………


Σ(゚Д゚)

「なぬ!?」


……(゚д゚)?


なんと、驚くべきことに、体重は入院初日とほぼ変わらず、でした。


「あのー、すみません、この体重計、壊れtr……」


と言いたかったのですが、すでに後ろに人が並んでいたので、
そう言い出すこともできず、ボソッと体重だけを伝えて、帰路につきました。


ショックのあまり、帰りも早足です。


このことを、

このことを、

伝えなければならない人がいる!


「お父さーん、体重減ってなかったー!!!」


夫に、メールしました。

すぐさま、返事が戻ってきます。


「ははは。」


ははは?(゚д゚)


ははは、で済ますとは、これ如何に?


いやあ、妻は傷の痛みなどすっ飛ぶくらいに、ショックを受けているというのに。


そんなもんですかー。(当たり前ですね(´∀`)ハハ)


ホントに、あれだけ苦しんだ数日で、1キロくらいしか減ってなかったです(゚д゚)


わたしの予想では、3~4キロくらい、ゴソッといってたハズなんですけどねえ。


37歳(当時)の脂肪、恐るべし(゚д゚)、ですわ。


手術の痛みにも、胃腸風邪にも、耐えるんですね。

耐久度の高い脂肪を身につけてしまったものです(ノ∀`)タハー


って、真剣に考えると、
ベッドに横たわってる時間が長いので、
それだけ、消費エネルギーの量も少なかったんでしょうね。

ただ、寝てても消費エネルギーの量を増やすには、
筋肉の量を増やすよりほかありません。

37歳の平均筋肉量では、たいした消費にならないんですねえ( ´△`)


みなさま、脂肪を燃焼させるには、筋肉をつけるのが確実ですよ!
腹筋や背筋などの、大きな部位の筋肉を鍛えると、
寝てても消費される基礎代謝量が増えて、脂肪が減りやすくなります。


わたくし、この経験が悔しかったので、傷が少し癒えてからは、
少しずつ筋トレして、筋肉をつけました。

取ってしまった左側の広背筋をカバーする筋力もほしかったですしね。


で、今は痩せたのかと聞かれれば。


……食欲さえ抑えられれば、「yes」です。


でも、食欲に負けっぱなしなので、
結局、あんまり変わってなかったりしてー(´∀`)アハー


お菓子を食べるとてきめんデスネ。お菓子、危険!でもうまい!


というわけで、入院生活はダイエットにはなりませんでしたーヽ(´▽`)/ウワーン

にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。