2014年01月29日 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2009年12月 なんと! 断端陽性(゚д゚)

これも、第2の告知になりますかね。


いい知らせと悪い知らせ。



先生は、こうおっしゃいました。


「切り取った組織をスライスしてつぶさに検査した結果、
ダンタンヨウセイでした」


ダンタンヨウセイ。


なんですか?それ(゚д゚)


字にすると、「断端陽性」


シコリから数センチ、
大きく切り取った乳腺組織の一番端っこから、
ガン細胞が見つかってしまったのです。



切り取った一番端っこに、ガン細胞がいたということは、
その先にも、まだまだいるかもしれないということ。


つまり。


ガン細胞を取り切れていないかも知れない
、ということです。


がびょーーーーん(゚д゚)


先生は、今後についてこう言いました。


「このまま温存の状態で、
残った乳房に放射線治療をして、
さらにホルモン治療をしたとしても、
再発率は80%です。」


80%!(゚д゚)


高すぎでしょー!


「そうした治療をしながら、こまめに状態をチェックして、
ガンが大きくなったのを見つけてから、再手術するという方法と、」


「もう一度、部分摘出をして、温存する方法と、
全摘してしまう方法があります」



「ただし、温存した場合は、もしかすると、また断端陽性になる可能性もありますし、
今の状態から、さらに部分切除をすると、胸の形がかなり変形してしまうので、
温存するメリットがないかな、と僕は思います」


わたしもそう思います(゚д゚)


となると。


残っているのは全摘です。


でも、全摘は自信がありませんでした。

全摘して再建という方法もあるのですが、
当時は素敵なお胸を作るインプラント再建は保険適用外。

100万円はかかる、といわれておりまして、

ロクな保険に入っておらず、ビンボーだったわたしに、
それを選択する力はありません。


先生にそう、伝えると、

「自家再建なら、保険適用ですよ」

えっ(゚д゚)


「どれくらいかかるかハッキリわからないけど、
それほど大きな金額ではなかったハズ……」


…………(´∀`)パァァァ


「先生、それ一丁、お願いします」



即決でしたヽ(´▽`)/


にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。