2014年01月19日 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2009年11月 20歳のときからガンだった?(゚д゚)

今回は、なかなかにショッキングだったお話をしたいと思います。


手術の予定が早まって、術前検査のために診察に訪れたときのことです。


手術の説明を受けて、そのあとに、ふと気になって聞いてみたんですね。


「先生、乳がんになってしまった原因はなんですか?」、と。


というのも、その頃から5年ほど前、一人目の子供の授乳中は、
母乳が詰まりまくって、頻繁に乳腺炎を引き起こしていたんですね。

で、詰まっているのは、当たり前で、今とは別の意味で、
一日中、おっぱいのことを考えてはため息をついている始末で、
それが、もしかして、今回の乳がんの原因になったのかなあって、気になっていたんです。


当時のことを知る人たちから、「ほら、あのときのが…」って言われてもしましたしね。


ですので、そのことを先生に伝えて、「…それが原因だったりしますか?」と尋ねたら、

「関係ありません」



即答でしたヽ(´▽`)/


あまりの即答っぷりにちょっとビックリもしましたが、
「じゃあ、なんでしょ?」と聞くと、
今度は、言葉を濁して、


「う~ん、原因はハッキリとはわからないですよね。
環境ホルモンの影響だという説もありますが…」


ははあ、なるほど。やっぱりわからないのかー。


「じゃあ、いつごろにガンになったんでしょうねー?」



実はこれ、すごーく軽い気持ちで尋ねた質問でした。

一番聞きたかったのは、乳がんの原因の部分でしたから、
正直、話の流れでなんとなく聞いたっていうか、そんな感じで。

そうしたら、

「うーん、タブン、20歳くらいの頃じゃないかなあ」


Σ(゚Д゚) は?

(゚д゚)は?



今、なんと?



「乳がんって、とてもゆっくり進行するガンなので、
今の大きさから逆算すると、
あなたの胸にがん細胞が発生したのは、20歳くらいだと思います」


絶句でした。


その存在がわかってからは、
わたしを苦しめる憎きヤツ、と思っていたのに、


16年も、苦楽をともにしていたなんて(゚д゚)


途端に、妙に親近感が湧いてきます。



ホントに、すごく不思議な気持ちになりました。


確かに、ひとつのがん細胞が、
1センチの大きさに成長するのには、それなりの時間が必要だとは思います。
けど、まさか16年……(゚д゚)


なんでしょう、変な考えですが、それだけ長いあいだを共にしてきたソレを、
そう簡単に切り取ってしまっていいんだろうか、とさえ、思いました。

いや、いずれは本体を死に至らしめてしまう存在なのだから、
切り取っていいに決まってますが、
そのときは、混乱して、そんなことを思っておりました(´∀`)


今にしてみると、笑い話です( ´▽`)ハハハ

にほんブログ村 病気ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。応援のクリックを励みにガンバります(´∀`)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。